トゥルーバ家3世代と、
それを支える20人の従業員たち

1923年、ジャン・トゥルーバがガリマール家からアニス・キャンディの製造を引き継ぎました。彼はアニス®を駅や地下鉄にある初期の自動販売機で販売することを思いつきました。さらに彼はアニスをパリの最初のデパートや縁日、映画館でも販売しました。1928年には80トンのアニスを製造、既にUSA、カナダ、アルジェリア、そしてヨーロッパ各地で販売していました。

1965年、ニコラ・トゥルーバが父ジャンの後を継ぎました。彼は常にこのかつての修道院の中で、同じ製造方法に従いながら、アニスの年間生産量を80トンから250トンに増やしました。当時アニス・ド・フラヴィニー®は、高速道路やブルゴーニュ地方のスーパーマーケットで販売されていました。

1990年以来父親の傍らで仕事をしていたカトリーヌ・トゥルーバが、今度は3人の兄弟たちのサポートを受けて社長の座に就き、全員で経営に当たっています。今ではアニス®はガーデニングショップ、オーガニック専門店、空港、駅で販売されています。


ノウハウが詰まった製造所



Toute une gamme de bonbons bio à  découvrir
pc video games